電子書籍制作で揃えたいソフト一覧

電子書籍制作にあたり、揃えたいソフトを紹介しましょう。

必要なソフト・ツールのカテゴリは、

  • 制作前工程:デザイン系ソフト
  • 制作中工程:EPUBエディタ、解凍・圧縮ツール
  • 制作後工程:リーディングシステム(電子書籍ビューワー)

に分かれます。各ソフトを紹介しますが、◎がついているソフトはこの学校で使用するソフトとなります。

制作前工程:デザイン系ソフト

電子書籍制作前の工程として、まずデザイン、レイアウトを組むことが前提となります。

前工程に必要なソフトについては、InDesignなどを使用するのがのぞましいと思いますが、ワープロやIllustrator、Photoshopなどで代用することも可能です。この学校では、デザイン完了後のデータとしてPDFやPhotoshopを使用しますが、この部分は電子書籍制作の前工程の部分ですので、特にこれでなければならないということはありません。OSに標準で導入されているワードパットやテキストエディットでもレイアウトはできます。

しかし、Photoshopのような画像サイズや切り抜きを加工でき、画像ファイル形式を変換するソフトウェアは必要です。GIMPなどのように、フリーでありながら、かなりの画像処理ができるソフトもあります。

制作後工程:リーディングシステム(電子書籍ビューワー)

次に、制作中工程は後回しにして、制作後工程「リーディングシステム」を先に説明します。

リーディングシステムは、電子書籍を閲覧するために必要なソフトですが、電子書籍制作中でも確認表示のために多用します。

この学校では、PCでの電子書籍閲覧とEPUB規格を標準とします。一番費用のかからない方法ですね。次のリーディングシステムをPCに導入しましょう。すべて、無料で、iBooks以外はWindows, Macともにインストール可能です。

リーディング
システム
前提 対応 ダウンロードURL
◎Adobe Digital Editions 2 なし EPUB3 http://www.adobe.com/jp/products/digital-editions/download.html
◎Readium Google Chrome EPUB3 http://readium.org/
◎EPUBReader Firefox EPUB2 https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/epubreader/
iBooks MacOS 10.9 (Mavericks)に付属 EPUB3 http://www.apple.com/jp/osx/

※MacOSのReadiumでは縦組み表示の不具合があるようです。Macをお使いの方は、Google Chromeの代わりにReadium Chromiumを起動して、Readiumを導入してください。(「GitHub – Readium Chromium」の「How to use a binary release」からダウンロード)

余裕があれば、次のハードウェアやツールも欲しいところですが、この学校では必須としません。

ハードウェア OS リーディングシステム 対応 備考
iPadまたはiPhone iOS5~ iBooks3 EPUB3 転送ツールとして
PCにiTunes
Androidタブレット
またはスマートフォン
Android Aldiko Book Reader EPUB2
Himawari Reader EPUB3

制作中工程:EPUBエディタ、解凍・圧縮ツール

最後に、制作中工程「EPUBエディタ、解凍・圧縮ツール」です。

ソフト名 OS 用途 備考・ダウンロードURL
◎Sigil Windows
MacOSX10.8+
EPUB2用エディタ https://code.google.com/p/sigil/
◎Brackets Windows
MacOSX
EPUB3用エディタとして http://brackets.io/
Google Chromeをビューワーとして連携可能
秀丸 Windows EPUB3用エディタとして http://www.hidemaru.interlink.or.jp/
TeraPad http://www5f.biglobe.ne.jp/~t-susumu/library/tpad.html
mi MacOSX EPUB3用エディタとして http://www.mimikaki.net/
◎Lhaplus Windows EPUB3用解凍ツールとして http://www.forest.impress.co.jp/library/software/lhaplus/
◎Stuffit Expander MacOSX EPUB3用解凍ツールとして http://stuffit-expander.softonic.jp/mac
◎EPUB圧縮 Windows EPUB3用圧縮ツールとして http://systemphoto.sblo.jp/article/58812243.html
◎ePub Zip Unzip MacOSX EPUB3用圧縮ツールとして https://code.google.com/p/epub-applescripts/
◎サブセットフォントメーカー Windows
MacOSX
フォントファイルのサブセット化 http://opentype.jp/subsetfontmk.htm
◎Kindleプレビューツール Windows
MacOSX
KF8への変換 https://kdp.amazon.co.jp/help?topicId=A3IWA2TQYMZ5J6

SigilはEPUB2しか対応していませんが、EPUB制作時には必須のソフトです。EPUBに特化した非常に優秀なエディタです。

EPUB3ファイルを制作するためには、BracketsなどのHTMLエディタを使用するのが、一番効率がよいと言えるでしょう。

EPUBを作成する場合、一太郎などのワープロソフトまたはInDesignなどのレイアウトソフトを使用してある程度EPUB変換することもできますが、この学校ではEPUBを単純な変換で済ますことを目的としていません。

これらのソフトでの変換は、グチャグチャのドキュメントを書き出す結果となるので、その後に個別に修正を加えることは実質的に難しいでしょう。そもそも修正を加える技術があれば、最初からSigilで作ってしまった方が簡単かもしれませんし、ツールを使ったとしても同等の知識が求められます。

EPUB2までであれば、完全にSigilで作成できます。問題は、EPUB3です。現在の段階では、EPUB3でも可能な限りSigilで作成し、少々面倒ですが、その後EPUBファイルを解凍して、EPUB2からEPUB3への修正を加え、EPUBファイルに再圧縮する方法が一番効率的と言えます。

EPUB3制作フロー

解凍ツールはZIPを解凍可能なツールであれば、なんでも構いません。しかし、圧縮ツールはEPUB専用の圧縮ツールが必要です。紹介したソフト以外でも、いろいろなツールがあると思いますが、どれでも問題ありません。

このような方法以外でも、有償ですが、FUSEe(Windowsのみ)というSigilに非常に近いEPUB3対応のEPUBエディタを使用する方法もあります。

この学校では、SigilとBracketsを使用したEPUB2, EPUB3の制作を実践していきます。

ザクッとソフトの説明をしてきましたが、お金をかけずに電子書籍を制作するには、現在ではこれらのソフトが一般的と思います。

まとめ
とりあえずソフトをインストールしよう
電子書籍は無料で作れる
ワープロ・レイアウトソフトのEPUB変換はあとあと面倒
EPUB2はSigilで十分、EPUB3はEPUB2をBracketsで編集

コメントを残す


− 2 = 4